写真:スーパーウォールパネル

PERFORMANCE住宅性能

N-DESIGN HOUSEの標準性能は、
国が定める「耐震」「耐久」「省エネ」の基準を大きく上回る高性能。
永く付き合う家だからこそ耐震性、耐久性、高断熱・高気密にこだわり、
快適で健康に暮らせる妥協のない設計をご提案しています。

  • SW
    工法
  • パッシブ
    デザイン
    住宅
  • ZEH
    住宅
ロゴ:SW(SUPER WALL)

西向建設工業は、スーパーウォール工法(SW工法)を採用しています。

スーパーウォール工法
(SW工法)とは…

SW工法とは、木造軸組工法をベースに、「スーパーウォールパネル」と呼ばれる高性能な壁材で家全体を包み込み、高断熱サッシ、計画換気システムとの相互作用によって実現する、高気密・高断熱・高耐震構造です。

図:スーパーウォールパネル

暮らしの“質”を進化させる、
スーパーウォール工法の家

スーパーウォールの家は、住まいの本質を極め、
「快適・健康・安心・省エネ」を最高水準にまで高めるために「暮らし性能」を追求。
高性能住宅のトップランナーを目指す確かな技術と品質で、
暮らしの質を進化させる住まいを実現します。

図:SW(SUPER WALL)快適(COMFORTABLE)健康(HEALTH)安心(SAFETY)省エネ(SAVING ENERGY)

POINT 01 快適

家の中の温熱環境を整え、
温度差の少ない快適な暮らしを

冬の廊下やトイレは他の部屋より室温が低くなります。この温度差は生活の快適さを損ねるだけでなく、家族の健康にも影響します。そのため、家の中の温度差を少なくする高気密・高断熱の性能がとても大切になります。

図:SW工法によって2階も温かい

脱衣室やトイレの温度差が少なくヒートショックにも安心

近年家庭内の死亡事故は増加傾向にあり、特に寒い時期の入浴中の死亡事故が多く発生しています。その主な原因は、「ヒートショック」。
スーパーウォールの家は、冬でも脱衣室やトイレと居室との温度差が少ないため、ヒートショックにも安心。家中暖かな住まいがご家族の健康をしっかりと守ります。

部屋間の温度差だけでなく
上下の温度差も3℃という快適性

スーパーウォールの家は高気密で高断熱。部屋間の温度差だけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。
吹き抜けや高天井の空間も上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する必要がありません。もちろん夏場も同様に部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。

図:サーモグラフィー

POINT 02 健康

計画換気システムで、
24時間健やかな空気を保つ

近年は、PM2.5(微小粒子状物質) やカビ・ダニ、花粉といったアレルギー物質の対策において空気環境が注目されており、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることが必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。

図:計画換気システム

カビ・ダニの繁殖を抑えるためには、空気のよどみを少なくすることが重要

家族や住まいの健康を害するカビ・ダニの発生は、空気のよどみが原因。住まいの隅々にゆるやかな空気の流れをつくり、空気のよどみを減らす計画換気システムを採用することで、カビ・ダニの繁殖を抑えることできます。
また、気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカットすることが可能です。

図:空気の流れ 図:空気の流れ

室内の温度・湿度を保ちながら効率的に換気を行う

換気を行う場合、窓や給気口から取り入れる外気とともに、外の温度や湿気も一緒に取り込んでしまいます。しかし、全熱交換型換気システムECOAIR85・ECOAIR90を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換で、室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能になります。このことで省エネ住宅の課題でもあった住宅の熱損失のうち、換気が占める約15%の熱ロスを抑えることができ、住宅一棟の性能をさらに向上させることができます。
その効果は、ECOAIR90の場合、断熱材を4倍厚くするのと同じ効果が得られることになります。

図:サーモグラフィー

POINT 03 安心

地震・台風・竜巻など自然災害から家族を守る

自然災害である地震や台風の被害が近年頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められているのです。

効率よく耐震性を高める、壁倍率4.3倍のパネルを実現

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。
建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率4.3倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現した、構造用合板OSBと断熱材を一体化した高性能スーパーウォールパネルと、壁倍率2.5倍の基本パネルを組み合わせることで、効率のよい耐力壁の配置を実現しました。
一般在来の壁(筋かいによる4.3倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

住宅の壁倍率

6面体の一体化による、
強靭な「モノコック構造」

SW工法は、壁・床・天井が一体化した箱型を構成するモノコック構造。地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

図:一般的な在来工法(筋かい補強)スーパーウォール工法(モノコック構造)

効率よく耐震性を高める「壁倍率4.3倍パネル」

高性能SWパネルは、高耐力の構造用パーティクルボードと断熱材を一体化し、壁倍率4.3倍を実現。壁倍率2.5倍のパネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置できます。

図:壁倍率2.5倍のパネル 壁倍率4.3倍のパネル

耐震等級3相当の設計で
大規模な地震に備える

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度の中で耐震等級として示されており、建築基準法では「極めてまれに(数百年に一度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性」を等級1としています。しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。
スーパーウォールの家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3相当を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

図:耐震性能の等級

POINT 04 省エネ

省エネからゼロエネへ
暮らしのエネルギーを家でつくる

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEHを標準的な住宅にすることを目標として掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。N-DESIGNが手掛ける家もスーパーウォールを使用し、このテーマに積極的に取り組んでいます。

図:ゼロエネ住宅

省エネ×創エネによる
ゼロエネルギー住宅でかしこく暮らす

ゼロエネルギー住宅とは、建物の省エネ化+機器の高効率化により使用エネルギーを削減、さらに太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。またHEMSや蓄電池を用いることで、暮らしのエネルギーを最適に制御。余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能です。
自宅で電気をつくることができるため、万が一の停電や災害の備えとしても安心です。

図:ゼロエネルギー住宅

スーパーウォールの家なら水道・光熱費を節約

スーパーウォールの家は一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費およそ43%、水道費およそ32%、全体でおよそ41%の削減が可能。年間を通して光熱費や水道代を節約することができます。これらのランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただいております。

・ランニングコストシミュレーション
水道・光熱費の概算(年間)
一般
住宅
SW
住宅
増減


229,790
191,460
17%


108,070
0円 100%


69,350
47,270
32%

407,210
238,730
41%
二酸化炭素排出量(年間)
一般
住宅
SW
住宅
増減
4,437kg 2,634kg 40%

パッシブファーストな
住宅づくり

N-DESIGN HOUSEは1年を通して心地よさを実現するため、エアコンなどをできるだけ使用せず、
断熱・光・風などの「自然エネルギー」を最大限に利用し、エコで快適な住まいづくりを提案します。
断熱・光・風を上手に活用し、冬の室内は暖かく、夏は涼しくすることで電気代も節約でき、
省エネで快適、さらに健康的な暮らしを実現させる、パッシブファーストの家づくりを行います。

図:パッシブデザインの5原則 1.断熱 2.日射光 3.日射遮蔽 4.通風 5.昼光

POINT 01 断熱

断熱性能を強化するメリット

暖かさを保つのも涼しさを保つのも、断熱性能を上げることが重要です。断熱性能を高めると、上下の温度差・部屋間の温度差が低減されます。一番熱が逃げてしまう「窓」の断熱性能を高めると、少ない暖房でも部屋中が暖かく、暖かさを長く維持することができます。温度差による血圧変動の低減も期待できます。

住宅の断熱性を高める住宅設計のポイント

壁・床・天井(屋根)・窓・基礎などの断熱性能を上げると、冬はより少ない暖房で暖かくなりますが、窓は特に熱が多く逃げやすいので、窓の断熱性能を上げるとより高い効果が期待できます。夏は上部からの日射量が多いので、天井・屋根の断熱性能を上げると太陽の熱をガードでき、冷房効果を高めやすくなります。

POINT 02 日射熱

冬、太陽の熱を暖房利用するメリット

冬の晴れた日は、日差しが部屋の奥まで差し込みます。昼間は南側から太陽の熱が入るので、上手に取り込んで部屋を暖めておくと、日中だけでなく夕方から夜までぽかぽかした心地よさが長く続きます。
断熱性能を上げることで、より少ない暖房でも暖かくなります(下図)。太陽の熱を暖房利用すれば、暖房機の使用量が少なくても暖かさが長持ちするようになります(下図)。

図:暖房量

既存の家 暖房費目安 ¥69,500 /年

断熱を強化した家 暖房費目安 ¥17,500 /年

太陽の熱を利用した家 暖房費目安 ¥13,000 /年

・断熱性能を上げることで、より少ない暖房でも暖かくなります。

・太陽の熱を暖房利用することで、さらに暖房機の使用量が少なくても、暖かさが長持ちするようになります。※費用は目安です。同じ室温を保つ場合の暖房量の比較。エリアの地域特性によって数値結果は異なります。6地域・日射地域区分H3・A3にてLIXIL試算。『断熱を強化した家』UA値 0.46 ηAH2.4、『太陽の熱を利用した家』UA値0.46 ηAH3.3。

冬の太陽熱を多く取りこむ住宅設計のポイント

効率よく熱を取り込むには、住宅の向きや南隣家との距離も重要です。

  • 図:(有効)30度以内(理想)15度以内

    冬場の日照時間は短いため、効率良く太陽の熱を窓から取り込むには、できるだけ真南に向いていることが理想です。住宅の方位は真南から30°以内であれば有効、15°以内が理想です。

  • 図:地面から屋根までの高さ6mの場合、南隣家と約10m距離を取る,※当時、東京の場合

    冬至の日に1階の窓に太陽の熱が当たるように、南隣家とできるだけ距離をとりましょう。

POINT 03 日射遮蔽

夏、太陽の熱を遮るメリット

冬とは反対に、太陽の熱が入ると断熱性が高い住宅ほど夏は熱が溜まってしまうので、できるだけ太陽の熱を取り込まないようにすると、冷房の効きが良く涼しくなります。

図:冷房量

太陽を遮らない家 冷房費目安 ¥21,500 /年

太陽の熱を遮る家 冷房費目安 ¥15,500 /年

・太陽の熱を遮らないと家の中が暑くなってしまい、夜まで冷房の効きも悪くなりますが、太陽の熱を遮ると暑くなりにくいため、少ない冷房でも涼しく過ごせます。※費用は目安です。同じ室温を保つ場合の冷房量の比較。エリアの地域特性によって数値結果は異なります。6地域・日射地域区分 H3・A3にてLIXIL試算。『太陽を遮らない家』UA値 0.46 ηAC2.0、『太陽を遮る家』UA値0.46 ηAC0.9(実質値)。

夏の太陽の熱を遮る住宅設計のポイント

住宅に当る太陽の向きや高さを考えて、太陽の熱を遮るようにします。南面は真昼に上から太陽が当るため、ひさしやオーニングを、東西面は朝夕に窓の正面から長時間太陽が当り、部屋の奥まで熱が入ってきてしまうため、すだれやシェードで窓全面を覆うとより多くの熱を遮ることができます。

図:南面開口部には太陽が上からさすので、ひざしやオーニングで熱を遮りましょう。,太陽が低い位置から当たる東西面開口部には、すだれやシェードで熱を遮りましょう。

太陽が低い位置から当る窓には、カーテンだけでは多くの熱が室内に入ってきます。窓の外で日よけすると、効果的に太陽の熱を遮ることができます。

図:一般複層ガラス(室内に入るのは80%),Low-E複層ガラス(室内に入るのは63%),一般複層ガラス+シェード(室内に入るのは17%),Low-E複層ガラス+シェード(室内に入るのは13%)※商品によって性能値は異なります

POINT 04 通風

風を採り込むメリット

太陽の熱をガードしても熱が入ってしまうので、暑くならないように除熱が必要です。夏、屋外から入ってきた熱は上の階に上がっていきます。一旦、2階や天井部に溜まってしまうと後から冷房をかけてもなかなか涼しくはなりません。朝晩の涼しい風を採り込むことで、熱を外に排出して、室温を下げることが効果的です。春・秋は、自然の風を通して心地よく過ごせます。

風を採り込み、こもった熱を排出する住宅設計のポイント

できるだけ高い場所に開閉できる窓を設け熱を排出できるようにしましょう。さらに下から上の階に風が通るように工夫すると、温度差換気で暑くなった空気が自然と屋外に排出されていきます。さらに、1部屋に2か所以上の開口部を設け、住宅としてどの方向から風が吹いても室内に採り込めるようにしましょう。

  • 図:昼

    室内に入った熱が、屋内に残って、上部に溜まっていくので上層階が熱になります。

  • 図:夜

    できるだけ高い場所に窓を設置すると、効果的に温度差換気が得られ、上部に溜まった熱が排出されていきます。

POINT 05 昼光利用

室内に光を採り込むメリット

室内に採り込んだ光を直接光の入らない部屋まで届けることで、明るさに対する不満を減らすことができます。隣家等の建物や植物などを意識して、できるだけ多くの面から光を採り込むと、明るい空間になります。

自然光を採り込む住宅設計のポイント

LDKなど家族が長く居る部屋は2面以上の窓を設け、階段・廊下・洗面室などは1か所以上の窓を設けましょう。明るさが行きわたるように室内ドアはガラス付もしくは欄間の設置がおすすめです。

図:野外からの光の入り方を見て、証明を点けないと暗くなってしまう場所を確認する。(廊下など)
ロゴ:ZEH エネルギーで暮らそう。

当社では、施工物件のZEH(ゼッチ)標準化に向けて積極的に取り組んでおります。

今話題の “ZEH(ゼッチ)” とは?

「ZEH(ゼッチ)」は高断熱化と高効率設備に加え、太陽光発電などでエネルギーをつくり、年間の消費エネルギーより、家庭でつくったエネルギーの方が多い、またはゼロにする住宅のことです。※「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略

  • アイコン:使うエネルギー

    使うエネルギー(一次エネルギー消費)

    • ・冷暖房

    • ・換気

    • ・給湯

    • ・照明 など

  • アイコン:マイナス
  • アイコン:省エネ

    省エネ(無駄なエネルギー消費を抑制)

    • ・高断熱

    • ・高気密

    • ・高性能機器

    • ・通風

    • ・採光性 など

  • アイコン:プラス
  • アイコン:創エネ

    創エネ(必要な分のエネルギーを創る)

    • ・太陽光発電

    • ・環境負荷が低い

    自然エネルギーを利用した太陽光発電や家庭用燃料電池などでエネルギーをつくります。 創エネ機器や自治体によっては補助金があります。

  • アイコン:イコール
  • アイコン:1年間の消費エネルギー

    1年間の
    消費エネルギー

    0以下

日本政府は「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」という目標を発表しており、ハウスメーカーや工務店が建てる家の半分以上がZEH基準に則った住宅になると言われています。
日本における次世代基準の家、それがゼロ・エネルギー・ハウス「ZEH」です。

西向建設工業が目指す
“ZEH(ゼッチ)”仕様の住宅

西向建設工業では、「ZEH(ゼッチ)」の基準に適した住宅を標準仕様にしていくため、注文住宅におけるZEH(NearyZEHを含む)が占める割合を2025年までに50%以上とするZEH普及目標を以下の通り設定します。

ZEH普及目標と実績
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
2025
年度
実績 ZEH
普及
目標
0% 0% 0% 0% 0% 50%

地域の一企業として、ZEH住宅の建築を通して、田村市の地域環境、ひいては地球環境に対し、少しでも貢献できればと考えております。

平成30年5月、ZEHビルダー登録が完了いたしました。
政府が目標としているZEH標準住宅に対して、現在補助金などの施策を行っています。
補助金申請のための条件は、ZEH基準に則った住宅であることと、『ZEHビルダーとして登録された会社が設計・建築・販売』する住宅であることです。

ロゴ:ZEH エネルギーで暮らそう。builder ZEH30B-00026-CR

“ZEH(ゼッチ)”のメリット

POINT 01 快適な暮らし

家全体が高断熱・高気密、さらに省エネ設計で夏は自然の風が通り涼しく、冬は日差しを取り入れて暖かい。南側には大きな掃出し窓を設置し、日当たりの悪い部屋は、天窓・上部採光を採用。綺麗な空気や温度・湿度のコントロールにより、家族みんながいつも元気に、健康的で快適な暮らしができる家になります。

POINT 02 ランニングコスト削減

エアコンや照明電気等の設備機器の性能に頼るだけでなく、外壁やサッシ・ガラス・ドアからも断熱と気密性を高めます。間取りを工夫し、自然エネルギーの有効活用やエネルギーを浪費しにくい工夫により、無理なく光熱費の削減ができます。

POINT 03 安心と耐久性

断熱性や調湿機能だけではなく、耐久性にも優れる無垢の木を使用。地震や台風などの災害に強い構造設計を取り入れ、耐火性・耐水性にも配慮。構造材の劣化を防ぎ、優れた性能を長く維持し大切な家族を守ります。

POINT 04 ヒートショックのリスクを低減

暖かい部屋から寒い脱衣室や浴室・トイレなどに移動した際に、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれのあるヒートショック。特に高血圧や動脈硬化の傾向がある人や高齢者は注意が必要です。このヒートショックにも高断熱・高気密住宅のZEH仕様が有効です。

POINT 05 災害対策

太陽光発電なら災害で電気が止まったときでも困ることはありません。また蓄電池と組み合わせれば、停電時でも生活に必要な電気機器を稼働させることが可能です。東日本大震災を経験した私たちだからこそ、ほんの少しの予備電力がいかに重要かを知っています。
災害はいつ、どこで起こるか分かりません。「備えあれば憂いなし」。ZEH住宅は家族みんなの暮らしを守ります。

POINT 06 将来の資産価値

現在戸建て住宅の査定方法の改定が進めています。これまでのように築年数による資産価値の査定ではなく、質の高さが取引価格に反映されるよう仕組みが変わります。ZEHに対応しているかいないかは、住宅の資産価値に大きく関わると言えます。これから住宅をご検討される場合、将来を見据えた計画が必要です。

写真:話し合っている様子

無料相談会予約Consultation

N-DESIGN HOUSEでは家づくりに関する無料相談会を開催しております。
ご予約は下記メールフォームに必要事項をご記入の上、
送信ボタンからお申し込みください。

写真:パンフレット

資料請求Pamphlet

N-DESIGN HOUSE、家づくりに関する資料は、
下記メールフォームに必要事項をご記入の上、
送信ボタンからお申し込みください。